【椿見会・つばきみかい】2022年3月18日(金)~21日(月・祝)にお越しください♪

2022/02/16 カテゴリ:

【椿見会・つばきみかい】でお待ちしております♪

開催日時:2022年3月18日(金)~3月21日(月・祝)9:30~15:30

会場:〒495-0012 愛知県稲沢市祖父江町本甲大溝116

※会社所在地から南へ100mに在る生産農園でのイベントとなります

<椿見会・催し内容についてのお知らせ> 

一番の見頃となる季節に椿の花を見ていただきたい!という想いで2017年より始まりました椿見会も6回目を迎え、3月恒例の行事として多くの方々にご来園いただけるイベントとなりましたこと、心より感謝しております。

椿の花だけを育てております農園内では小さな苗木から古木・百年以上の大樹まで様々な椿の生育状態が見られると同時に、

園内はご自由に散策いただけますので、彩り豊かな椿の花をゆっくりと見比べてお楽しみください。

そして見所の一つ、椿の木々に囲まれた「椿の森」は木漏れ日が気持ちよく、見応えのある散策スポットとなっています。

また、園内中央にございます休憩所では「椿はちみつ」を利用した甘味も御準備しております。

ゆっくりとした散歩をお楽しみいただくと共に、早春のひとときと美しく咲く椿の花をお楽しみください。

この椿園ブログYoutubeの【椿園チャンネル】【椿園公式ツイッター】【椿園インスタグラム】などでも

椿見会・つばきみかいに向けた状況を都度発信します。ご家族やお友達のみなさんとお誘いあわせのうえお越しください!

※・※・おねがい・※・※

◇駐車場を増設いたしました!また、案内に記載の臨時駐車場は土・日・祝のみ利用可能となっております。

お車以外でのアクセスも便利!名鉄(名古屋鉄道)尾西線の【森上駅・もりかみえきより徒歩約5分です。

◇椿見会の開催期間中は予約不要です。お好きな時間内(9:30~15:30)にお越しください。

※椿見会期間外は見学料として1名300円を頂戴して園内ガイドを行っております。

◇園内散策に必要なお時間の目安(最短)は30分程度です、当日のみの苗木販売や限定販売物もございます。

◇ほぼ全てが屋外となりますが、新型コロナ感染症拡大防止のため、入場時はマスクの着用、入場口での消毒、ソーシャルディスタンスへの配慮をお願いしております。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

【謹賀新年】2022年も椿園をよろしくお願い申しあげます。

2022/01/01 カテゴリ:

 

新年あけましておめでとうございます!2022年も椿園株式会社をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年営業開始日は1月6日(木)9時~でございます。

椿園オンラインショップでのお買い物、メール・FAXでのお問い合わせは24時間受け付けております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新発売の椿【秋の宴・あきのうたげ】咲いたお花と一緒にご紹介♪

2021/12/28 カテゴリ:

みなさんこんにちは!椿園の佐藤です。今シーズン2回目となる新しい椿の紹介です!

【秋の宴・あきのうたげ】を本日2021年12月28日(火)より数量限定にて販売開始いたします♪

こちらは2009年に埼玉県の育種家・平井湊晨さんにて発表され、椿図鑑などにも掲載されている品種ですが流通はほとんどありません。

2017年に育ての親である平井さんより親となる木と苗木をお譲りいただき生産を開始。

その後5年間に渡り生育することで成長過程における花色の特徴と木立ちの性質を確認しました。

花色:紅地に深い白覆輪
花形:一重筒咲
花径:小~中輪(3cm~5cm)
開花時期:11月~3月
樹勢:横張り~やや枝垂れ性質

特徴:早咲きという魅力と共に、咲く季節により覆輪幅も浅く深くと変化し、時には紅白が混じりあうマーブル模様の色味にもなります。
春遅くに咲く花は糸覆輪にも紅花にもなり、咲き始めの11月頃から春にかけての花色の変化も楽しみの一つとなっています。
生育特性として枝垂れ傾向であることと枝数が多く出ることより、盆栽風に育てる楽しみも持ち合わせています。

品種来歴:埼玉県の育種家・平井湊晨さんにより2009年に命名・発表となった品種。
玉之浦(たまのうら)の実生である玉響(たまひびき)の実生。頌花宴(しょうかえん)は兄弟品種となっています。

【Youtube椿園チャンネル】秋の宴・あきのうたげ品種紹介♪

なお、本日より椿園は年末年始の休業期間となります。発送は年明け2022年1月6日より再開いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

椿な人達

椿園三代目園主 佐藤 幹大

椿園三代目園主
佐藤 幹大

椿園は昭和23年の創業以来、椿樹木を専門に生産・販売を行っています。育種家としては一重の筒咲を中心としたツバキらしい「美しい椿」の作出にも取組み、三代に渡り作り出した園芸品種椿は300品種に迫っている。代表的な作出・命名品種:千羽鶴、初音、陣屋の椿、月照など。