椿園のブログ

  • サブカテゴリー:
  • 椿 秋咲きつばき 西王母-せいおうぼ-の蕾♪

    2018年8月,日本の椿シリーズ,椿 生産用培養土,椿園のブログ 2018.08.25

    こんにちは!この夏は暑いという言葉を何度言ったか分からないほど今日も蒸し暑いです(笑)

    そして猛暑の影響もあり、農園には今にも咲きそうな蕾がなかなか見当たりません。

    写真は秋9月頃には咲き始める「西王母-せいおうぼ-」の蕾。まだ小さいですね。。

    IMG_2895_縮小 IMG_2896_縮小

    椿にとっては心地よい温度なのでしょう、新芽が伸びており苗木はとても元気です♪

    早く開花のお便りを届けたい… そんな気持ちで日々農園作業をしています(^^)


    椿園オンラインショップにて肥料の販売を開始♪

    2018年8月,椿 生産用培養土,椿園のブログ 2018.08.24

    こんにちは。台風一過の椿園ですが、まだまだ暑い日が続きそうですね(^^;)

    先日のブログにも書いている通り、生産農園では椿の植え替え真っ最中です!

    そして椿園のオンラインショップでは本日より肥料の販売を開始しました(^^)

    暑さ和らぐ9月~10月は、施肥に最適な時期です。

    お客様より「椿を生産する農園にて使用している肥料が欲しい!」という

    お問い合わせは何年も前からあり、ようやく取り扱いしやすいサイズを見つけました。

    <永きき肥料1.5kg (緩効性化成肥料)> <庭木の肥料2kg (天然腐植)>

    IMG_2889_1_縮小 IMG_2890_1_縮小

    特徴はそれぞれの商品ページにて記載しています。

    また、どのタイミングでどれぐらいが最適なのかは「椿 育て方と管理」ページに記載しております。

    是非とも一度ご覧ください!

    椿園の農園で大切に育てた椿苗や大苗・庭木用椿の販売はもちろん、

    椿の専門店として椿に最適な肥料などの園芸資材や、私を含めた農園スタッフが使うこだわりの道具なども

    販売ができればと考えております。

    今シーズンも椿園㈱と椿園オンラインショップをどうぞよろしくお願い申し上げます。


    椿 鉢植え椿の植え替え作業♪

    2018年8月,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2018.08.22

    こんにちは!台風の影響もあり蒸し暑い一日となっております(^^;)

    お盆が明けてからの連日、生産農園では苗木の植え替え作業を行っています!

    IMG_2869_縮小 IMG_2871_縮小

    IMG_2873_縮小 IMG_2878_縮小

    生産に使用している土は当社がオリジナルに配合している「椿生産用培養土」です!

    椿園オンラインショップにて同じ商品を販売中♪(^^)

    赤玉土と鹿沼土を主体としており、基本となる肥料も配合。

    椿の生育に最適なブレンドとなっており、椿園で生産する鉢植え椿には必ずこの土を使っています。

    大きな椿を庭植えする場合、2割~3割程度配合して利用することもオススメしています!

    秋の植え替えに椿園の培養土を使ってみませんか?


    椿 一品商品などオンラインショップに掲載しました♪

    2017年12月,お知らせ,日本の椿シリーズ,椿 品種紹介,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2017.12.19

    こんにちは。毎年の年末恒例となりつつある椿の一点物商品を

    椿園オンラインショップに掲載しました!

    約一か月前の11月初旬、椿の生産畑より掘り上げその日のうちに鉢植えを行い

    先週の撮影までしっかりと落ち着かせて管理しました。

    171219農園 撮影後の生育管理場所の状態写真です。

    今回は配送できる限界サイズの椿、大苗や庭木用にもなる椿も初掲載しております!

    12171525_5a360ddb61c41[1] 12171511_5a360a9d59016[1]

    左:千羽鶴-せんばづる-1.7m   右:曙-あけぼの-

    農園にて約一か月生育管理した椿を撮影しておりますので木姿はほとんど変わることなく

    お客様のもとにお届けすることができます。もちろん蕾がありますのでたくさんの花を楽しめます。

    また、植え替え時から植え替え後数日間に起こる古葉の落葉

    (※地下部分の根を切ることで地上部である葉(古い葉)を木自身が調整して自然落葉するさま)

    や、植え替えに失敗すると起こる主幹の枯れこみなどをしっかりと確認しております。

    ブログでも紹介しておりますが、園芸品種の椿は成長が緩やかで

    これぐらいのサイズまで成長すると大きさや樹高も少しずつしか変化しなくなります。

    たくさんの椿の花を楽しむことができる一品商品畑育ちのボリュームある椿をぜひご覧ください!

    2017年も残り数日となりましたが、椿園と椿園オンラインショップをどうぞよろしくお願い申し上げます。


    椿 苗木の植え替えご検討の方へのおススメ♪

    2017年10月,椿 品種紹介,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2017.10.21

    こんにちは。苗木をお買い上げの方や植え替えご検討の方へのおススメです♪

    <植え替えセットのページ>

    09191619_57df9169d8107[1]

    園芸品種の椿は成長が緩やかで樹高や木の幅も大きくならないことが特徴です。

    (※園芸品種とは、野山に自生しているやぶ椿ではなく品種交配された椿や

    品種名の付いている椿の総称です。)

    それと同じく根の成長も遅いので、植え替えも二年~三年に一度で大丈夫なのです!

    当社で販売している植え替えセットや生産に使用している椿専用の培養土は

    椿の生育に最適な配合ですので椿の植え替えにはもちろんおススメですが、

    他の草花や、庭植えする時などに混ぜ込んでも良い培養土になっております。

    椿を植え替えをお考えの際は是非とも使ってほしい商品です(^^)


    椿 お庭の片隅や玄関横などにもおススメ!

    2017年9月,椿_活け込み・アレンジ,椿 品種紹介,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2017.09.18

    こんにちは。9月も中旬を過ぎようとしており、食にレジャーに紅葉にと楽しみな秋を迎えています!

    椿の魅力の一つ、それは見る事ができる花が少なくなる秋10月頃から早春3月頃に

    花が咲くことです。 冬のお庭に椿は定番です(^^)

    写真の花は2月の雪の日。色が濃くはっきりと主張する椿の花は白雪との景色も似合います♪

    IMG_5336 IMG_5360_縮小

    左:紺屋小町-こんやこまち- 右:タマアメリカーナ

    IMG_5382_縮小 紅侘助-べにわびすけ-

    椿の植え付けは暑さ和らぐ秋9月以降であれば、梅雨入りまでいつでも大丈夫です。

    冬のお庭に色を付ける椿をまず一本いかがでしょうか?

    椿園では生産農園で一本一本育てた椿の苗木をお届けしています。

    どうぞよろしくお願い致します。

     


    椿 夏の生産管理と暑い農園です♪

    2017年8月,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2017.08.30

    こんにちは。夏の生産ハウス内は40℃を遥かに上回る温度になります(^^;)

    椿の鉢に生える草もぐんぐんと大きくなるので人海戦術で一斉に草を抜きます!

    もちろん一日中草取りは辛いので、出荷準備や灌水など作業時間を区切って行います。

    。。。とカッコイイ事いっても、生産農園のスタッフは5名ほど。。すぐには終わりません(涙)

    IMG_6533_縮小

    草は水分と同時に肥料分も吸い上げてしまうので、できる限り早い段階で取りましょう!

    生産と共に販売も行っていますので、椿の性質や特徴をしっかりと把握しています。

    椿の購入時や購入前後にご不明な点がございましたら何なりとご質問ください(^^)

    花を見る機会の少ない秋や冬に椿の花を楽しみませんか!?


    椿 新芽が芽吹き、葉となる季節です♪

    2017年4月,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿園のブログ 2017.04.16

    こんにちは、生命の成長風景が見られる生産農園です♪(大げさですね。。。)

    170409_新芽展開_縮小

    新芽が芽吹き、枝や幹・葉となる成長の始まりです(^^)

    ここから大きく成長してくれることを願い、二年後に花を付けてお客様へお届けします♪


    「2017椿見会」いよいよ明日10日(金)から開催です!

    2017年3月,椿_活け込み・アレンジ,椿_盆栽風仕立て,椿 品種紹介,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿とみつばち,椿と虫,椿油・椿オイル,近年発表「新椿」 2017.03.09

    椿のお花見を楽しみにされている皆さま、大変お待たせいたしました(^^)

    「2017椿見会」いよいよ明日3月10日(金)より開催です!

    2017_tubakimi_omote_01 2017_tubakimi_ura

    日程は3月10日(金)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(土)、20日(月)の六日間。

    開園時間は9時30分~15時30分です。好天に恵まれそうですが雨天決行となっています!

    「椿の花を見に行こう♪」ぐらいの軽い気持ちで椿見会を楽しんでくださいね(^^)

    また、大変混み合うことが予想されておりますイベント期間中ですが、公共交通機関でのご利用も便利!

    名鉄名古屋駅より森上駅へは約45分!(※名鉄一宮駅にて乗換え必要)農園へは徒歩約8分!

    森上駅周辺には喫茶店「コープ」や喫茶店「モク・モク」(ランチも有り)もあり、

    椿見会会場の南約200mには「ぎふ初寿司 祖父江店」も御座います。

    ですので電車でのんびりプチ旅を計画してみても良いかもしれません(^^)

    森上駅から 

    ※会場は椿園株式会社所在地より南へ約100mの生産農園です!

    皆さまのご来園をスタッフ一同楽しみにお待ちしております。

    どうぞよろしくお願い致します。


    椿 お礼肥え(春の肥料)の準備をしましょう♪

    2017年3月,椿 品種紹介,椿 生産用培養土,椿 育て方,椿と虫,椿園のブログ 2017.03.04

    こんにちは、「椿の葉の色が、黒ずんで来ました。」「黄色い葉が多くなってきました。」など

    花は順調に咲いたけど、木全体の色が薄くやせ始めていませんか?(品種によりさまざまですが。。)

    椿は花が咲き終わる時期を迎えると、次の新芽を伸ばす準備に入ります。

    葉をたくさん落葉させる椿もあれば、ほとんど姿形を変えない椿など。。。

    大切なことは、頑張った分「来年も花を咲かせてね♪」という愛情と想い。だけではダメです(笑)

    おなかがすいたらご飯(水)+おかず(肥料)を食べて栄養を蓄えます!

    そうです、椿にとってのおかずとは「肥料-ひりょう-」なのです。

    「椿 育て方と管理」のページを見て、肥料を与えましょう!植え替えはこちら→「椿培養土」

    次のシーズンも皆さんの椿が元気に咲きますよう願っております♪


    次のページ »

    • 椿心 オンラインショップ
    • 椿はちみつ
    • 椿茶
    • 椿油
    • 椿園 株式会社
      〒495-0012
      愛知県稲沢市祖父江町本甲大溝116
      TEL:0587-97-0641
      FAX:0587-97-5496

      アクセスマップ