椿油

椿油のできるまで

収穫


【椿の実を収穫】

夏の暑さ和らぎ、早秋咲き椿の開花が始まる9月下旬。
いよいよ椿の実を収穫する時期となります。
木を見上げながらの収穫はもちろん手作業、高い所の実もしっかり収穫します。
落下している実は椿油の品質を低下させるので収穫しません。


【種子 取り出し直後の乾燥前】

乾燥


【玉締め式の搾油機械】

収穫した実は数日に渡り天然乾燥させます。
当園は実の中の種子を劣化させない方法とノウハウで天然乾燥をしております。
実の皮が割れて椿の種子を取り出したら、そのすべてを目視チェックにより選別し、
また数日間天然乾燥させます。そして種子品質の最終確認を行い、製油所へ出荷します。
ここまでの工程を大切に行う事により、出来上がる椿油はとても純粋で高品質となります。

精油所での作業工程


【伝統的な「せいろ蒸し」と山から切り出した薪】

長崎県五島列島にて100年続く老舗精油所で戦前からある「玉締め式」の圧搾機械を操作する職人に依頼しています。
蒸す工程では山からの湧き水と切り出した薪を使い、長年の経験と勘で粉砕した種子の蒸し上がりを判断します。
その後、種子を玉締め式の搾油機械に詰め込み、ゆっくりと圧力を掛けられ
搾り出てくる油が黄金色の椿油です。
搾油した椿油は最後に紙だけを使って不純物をろ過します。
これで100パーセント純粋椿油が完成です。

この製油所にて圧搾して頂く当園のこだわり


【ろ過】

当園から収穫できる種を使っての椿油の販売を考えたとき、小さくても良いから搾油機械も自前で持つべきと考えていました。
しかし、実際の搾油工程を見学して感じたのは、「職人品質」と呼ぶ部分が多い事。
自前で準備しては高品質な椿油を継続的に供給できないと判断しました。
粉砕後の生種子の状態、蒸す時間の勘と感覚、そして「玉締め式」の古い機械を使った搾油工程。
そこでは日本の伝統芸とも言える真の物作り工程を淡々とこなしている姿がありました。
この機械と「椿油の心」を知り尽くした一流の職人が圧搾する椿油は、現代の効率生産自動機械では出来ない「本物の品質」を産んでいます。

製品の自信とこだわり


【選別した高品質な種子】

椿心ブランドの椿油は高品質ナチュラル製法に徹底的にこだわっています。
使って頂いたお客様に心の笑顔を届けたい。
椿で心に笑顔を。椿心ブランドの大切なコンセプトです。

椿油の商品紹介

椿はちみつ

椿油 内容量92g(100ml)

長崎県五島列島産の椿種子から搾油した純粋椿油です。
食用としてはもちろん、肌や髪にもお使いいただけます。
玉締め式の圧搾製法ですので椿油本来の成分そのものです。

>ご購入はこちらから

椿はちみつ

椿油 内容量185g(200ml)

佐藤椿園産の種子から搾油した椿油です。
無添加の「純粋椿油」ですので、ドレッシングや揚げ物・炒め物にはもちろん、肌や髪にも利用できます。
玉締め式の圧搾製法ですので椿油本来の成分そのものです。

>ご購入はこちらから

  • 椿心 オンラインショップ
  • 椿はちみつ
  • 椿油
  • 椿茶
  • 椿園 株式会社
    〒495-0012
    愛知県稲沢市祖父江町本甲大溝116
    TEL:0587-97-0641
    FAX:0587-97-5496

    アクセスマップ